性病による不妊症の原因

性病に感染すると不妊症のリスクが高まります。これは男女問わず性病を放置することで将来子供ができなくなる危険性がありますので早期治療をおすすめします。当サイトでは性病と不妊症の関係性とリスクについて詳しくご紹介します。

性病で不妊症のリスクが高まる原因

性病は珍しい病気ではありません。今では性交渉開始の若年化が見られますし、それによって、男性経験の数の必然的に増えてきます。そして誰が性病を持っているかなどは性交渉をする前に分からないことがほとんどです。
自己申告が無い限り、わかりません。またさあこれから始めるぞという時に、自分は実は性病を持っていますと告白する人もいないでしょう。
そのために、いつ性病にかかるか分からない、そして性交渉をするということは妊娠のリスクもあるということで必ずコンドームを使用して予防にと詰める必要があるのです。
しかし予防をしていたのにもかかわらず、性病をもらってしまったということもあるのです。この時に大切なのは、性病にかかってしまったら、早く検査をして、それに適切な治療を行うということです。
なぜなら性病に感染するということは不妊症のリスクを高めることになるからです。感染すると、体の中ではそれに反応して、臓器が熱を持ったり、腫れたりすることを繰り返します。
性病は表面だけの病気ではありません。膣から、子宮、そして卵巣と病原菌が遡っていき、結局すべてに感染を起こすということがあるのです。感染に気が付かず長い間放置をしておくと余計その状況が継続し、悪化することもあるのです。
そのため症状があったら、すぐに受診、治療を始めることが大切です。そして熱を持ったり腫れたりして傷んだ場所は、修復するときに癒着を起こします。特に卵管などの狭い部分で癒着を起こしてしまうと、そこが詰まって排卵ができず、将来的に不妊症になるということもあります。
一旦不妊症を起こすと治療法もありますが、痛みを伴いますし、費用も掛かります。そのためにできれば早い段階での対処が大切なのです。

■気軽に入手できる性病の治療薬
性病の薬は通販で!
バラシクロビルとヘルペス治療効果
バルトレックス
■自宅でも簡単に性病の検査ができます
クラミジア 検査