性病による不妊症の原因

性病に感染すると不妊症のリスクが高まります。これは男女問わず性病を放置することで将来子供ができなくなる危険性がありますので早期治療をおすすめします。当サイトでは性病と不妊症の関係性とリスクについて詳しくご紹介します。

性病治療を中断してしまったことで不妊症

男女が結婚し、子どもを作ろうとした時に、なかなか子宝に恵まれないことがあります。そのため、病院に行き、医師に不妊症だと診断されると、イメージとして女性だけの問題と捉えがちですが、必ずしも女性だけの問題ではありません。
不妊症の原因は様々ありますが、性病の影響は大きいものです。男性の場合、性病に感染すると睾丸や前立腺など周辺の臓器が炎症を起こします。すると外部のウイルスと戦うために、白血球などに含まれている免疫が反応し、細胞の活動が活発になり、熱を帯びます。熱が出ると水分が集まり腫れが起こります。体内に侵入した細菌やウイルスが死滅しても、腫れた組織の一部が元の状態に戻れないと癒着や閉塞を起こし、組織が精子の生産などを果たせなくなることがあります。
こうした一連の流れが長引いたり、何度も起こると、生殖器の機能が低下し、不妊症を招くことになってしまいます。そのため、まずは医師に不妊症であると診断された場合は、まず性病に感染していないかを調べ、そして感染が分かればしっかりと治療しなくてはなりません。
もし、性病治療を中断してしまうと、根本的な問題は何も解決されていないので、不妊症は解消されませんし、不妊症でなかったのに不妊症になってしまう場合もあります。こうしたことは女性の側にも言えます。性病感染による生殖器の機能低下により、不妊症になってしまう可能性があるので、女性も性病に感染している場合は、速やかに治療を行い、完治してから性交渉を行う必要があります。
このように、性病に感染することで、生殖器の機能が低下し、子どもができづらくなる不妊症になってしまう場合があるので、子どもができずに悩んでいる人は、まず性病の有無を検査し、感染しているのであれば完治するまで治療を続けなければいけません。